●美容コラム●白色人種・黄色人種・黒色人種鼻の違い


人種は大きく3種類に分かれます(人種とは人類を骨格、皮膚、毛髪などの形質的特徴に よって分けた区分)。一般的には皮膚の色から、コーカソイド (白色人種)、モンゴロイド(黄色人種)、ネグロイド (黒色人種)の3種類になります。
この大きな3種類に分類されない人 種もありますが、一般的には「三大人種」と呼ばれているのはこちらになります。


コーカソイド (白色人種)は、頭蓋骨が長頭型で前頭骨が突出し、顔は面長で幅が狭くなっ ています。上顎前突、いわゆる出っ歯や上下顎前突の人は少ないのが特徴です。 鼻は長く、幅 が狭くて、鼻根(鼻のつけ根)、鼻筋ともに高く、鼻先が下向きでツンとしています。

モンゴロイド(黄色人種)は、頭蓋骨は短頭型が多いですが、アフリカの先住民も短頭型が 比較的多くなります。前頭骨の突出はコーカソイドよりは少し低くなり、顔は短く、幅広で、 頬骨が突出しています。 下顎前突症(しゃくれ顔)は少ないです。鼻は鼻根、鼻筋ともに低く、幅が広くて、鼻先が丸く上向きになっています。

ネグロイド(黒色人種)は、頭蓋骨は長頭型が多いですが、一部、短頭型が存在し、前頭骨は突出している傾向があります。顔は面長ですが、コーカソイドと比べるとはるかに小さくなっています。 下顎前突症は普通程度存在します。鼻は幅が広く、鼻根、鼻筋とも低く、モンゴロイドとは異なった鼻根のくぼみがあります。

~『美鼻革命』より一部抜粋~


鼻を高くする【美鼻革命】: 「隆鼻矯正」の施術とセルフケア

↓ご購入はコチラから↓

Amazon→コチラ
楽天→コチラ

 


前へ

【売れてます!!】ラプリップ書店購入☆特典☆

次へ

●美容コラム●お鼻の形の好みは?
ページのTOPへ